10:00 ~ 19:00
日曜・祝日(お電話戴ければいつでもOPEN・お迎えにまいります)
2017年04月24日
ブログ

本当に南向き、必要ですか・・・?

ゴールデンウィークも近づき、わくわくしてる人も多い週でしょう、どうも、藤定です。多い人は29日から7日までの9連休という人もいるでしょうし、休み前にやる事はキッチリしておきたいですね。

 

さて、日本でのお家探しでは、開口の向き(バルコニーの向き)は一般的に「南向き」が良いとされていて、一番人気があり、探している人も多いですが、本当に南向きが良いのか?そして、必要なのか?改めて考えて見ましょう。そして、お家探しの参考になればと思います。

 

南向きのメリット

まずは、南向きのメリットですが、これは、言うまでもなく、「明るい」「暖かい」といった事が一番のメリットといえるでしょう。洗濯物を干していても、早く乾きます。

昼間に長時間明るい状態で過ごせます。あと、部屋が明るいと気分も明るくなり前向きになれます。

 

南向きデメリット

夏は暑い!夏は太陽が高くあがるので、部屋の奥の方までは日差しが入ってきませんが、それでも他の向きに比べると暑いです。また、家を購入する時などは、南向きの物件は他の向きと比べると価格が高いことが多いです。

朝は光が入らない。朝光が入るのは東向きです。朝に光を浴びて目覚めたい人などはイマイチですね。

 

日中家にいない・・・

近年の家庭では、共働きが増えてきています。南向きの日当たり効果が一番発揮される時間帯はお昼ですが、共働きであると、大抵その時間は仕事にでているケースが多いでしょう。休みの日はその恩恵を受けれますが、休みの日だけなら、東向きの朝、毎日太陽の光を受けるのがいい気がします。

深夜仕事で、昼夜逆転の人や、お家には絶えず誰かいるといった家庭には向いているといえます。

 

建物の高層化

高層住宅の建てられない地域などは例外ですが、建築の技術も進み、非常に高い建物が増えました。また、そこらじゅうで近接して建てられている為、特に中心地の地域では、南向きといえど、日の当たらない物件は山のように増えてきました。そんな事もあり、住み始めていたころは日当たりが良かった物件も、開発が進み、日がまったく当たらなくなったなんて話も良くある話です。

 

まとめ

マンションの内見でも、南向きの物件でも、実際は前面に建物があったり、日が入らないといったこともよくありますので、現地を確認することが大事です。

個人的にいいと思うはどの方角の物件に住むにせよ、前面に遮るものがない物件を探すのが、良いのでは無いかと思います。ただ、注意が必要で、前面が駐車場で、遮るものがないから、これは良いと思ってそこに決めたとしますが駐車場は、将来的にはマンションや他の建物や施設に変わる可能性が非常に高いので、あとで痛い目を見る事があります。

広い前面道路の所や、前面が公園であるとかであれば、安心できるでしょう。

少しでもお家探しの参考になればと思います。

 

 

創業27年の信頼と実績!大阪市浪速区、西区、中央区の不動産についてのご相談は0120-720901(なにわくで1番)までよろしくお願いします。

ホームページはこちら
家・マンション・土地を売りたい、貸したい、転用したいと、お考えの方はご連絡下さい。ご相談のみや査定など、無料にて承ります。
ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談ください。
賃貸マンションについてのご相談のみでも大歓迎なので、お気軽にどうぞ。

store

会社概要

有限会社ワンダーランド
arrow_upward