10:00 ~ 19:00
日曜・祝日(お電話戴ければいつでもOPEN・お迎えにまいります)
2016年07月05日
ブログ

店舗をOPENしてお客様にどの様にして来店して貰うか?

お店をOPENしただけでは・・・

お店にお客様が来てもらえるようなシステムを!

 最近よくお問い合わせがあるのが、店舗物件の居抜き物件です。居抜き物件は、前の店舗経営をさえている方の内装をほぼそのままなので、少ない予算でお店を開業できます。( 詳しくは、居抜きとは、設備や什器備品、家具などがついたままで売買または賃貸借されることです。 主に飲食店に多くみられます、営業用設備や内装が付帯した状態での賃貸をいいます。居抜きで借りた人は、すでにある設備を利用することで初期費用を抑えることができ、早期に営業が開始できるという利点があります。)
 その居抜きを賃貸借をしてお店を営業していこうと店舗オーナーさんはされるのですが、そんなに簡単にお客様をお店に呼ぶことは出来ません。勿論、不動産業でも同じです。
 お客様を呼び込むのに、店舗オーナーさんは、どんな工夫をされているのでしょうか?ただ単に、前に働いていたお店でそこそこできたから、新しいお店でも簡単にお客様が来てくれる。とども考えているんでしょうか?前のお店のお客様を呼び込んでいたら前のお店のオーナーさんからクレームが入り険悪な仲にでもなってしまいます。
 ただ単に、お店をするからと言ってお客様が来るわけもなく、東京の場合、神奈川・埼玉・千葉などの巨大なマーケットが近隣にあり、空中店舗でも話題性があったり、TVに紹介されたりすると、お客様が来てくれる。
 大阪を見た場合、そんな東京からは大きくかけ離れています。そんな大阪で店舗を営業する場合、どんな努力をみんなしてるんでしょう?食べるものを出しているお店なんかは、おいしいかったら食べログのような口コミなんかで来てくれるかもしれません。また、雑誌・テレビに載れば少しの期間はお客様が来てくれるでしょうが、珍しくも無くどこにでもある様なものなら、わざわざ足を運んで来てくれるわけもなく、だからこそ飲食店でも一押しの商品を作ってお客様におもてなをしていかなければ勝ち残ることは難しくなってきてしまいます。努力だけでもどうすることもできません。お店をしていることを告知していかなければなりません。不動産業者も商品を特定し専門化にしていかなければ勝ち残れなくなってきています。
 勿論、飲食店の場合、お店の雰囲気、オーナーやスタッフの人間性などにも左右されるでしょうが、そうすることによって、お客様が来店や電話を戴ける事があります。 商品は3割、あとの7割はどの様にその商品・お店を伝えていくか、知らせていくかになってしまいます。要は告知をすること。何で告知をするかです。勿論、開店のお知らせ葉書であったり、最近では、SNSを使い、Facebook・Twitter・blog・YouTube等々それに、食べログ等にも友人に投稿して貰うなどしなくては、最初のうちは、ご祝儀で友人知人が来店してくれますが、そのうちお店に閑古鳥が鳴いてしまうようになってしまいます。
 飲食店だけだけではなく、これからの世の中は、税理士・弁護士・司法書士・行政書士・社労士・中小企業診断士などの資格を持って、自分の事務所を開業しようと思ってもお客様が集まらないそんな時代です。だからこそ、自分をブランディングしていく。人とたくさん会っていく、縁を大切にしていくそんな努力が本当に必要になってきます。
 いままで、どうでも良いと思っていた人の名刺も何かで繋がらないかを考えなければならないようになって来ているんでは無いでしょうか?
 

なにか不動産でお困りの方は、浪速区敷津西で創業26年!      

浪速区(なんば・大国町)を中心とした720(ナニワ)の不動産情報はワンダーランドにお任せ下さい。

 

 

 

0120-720901(なにわくで1番)携帯からもかけれます。

FAX06-6643-3363 メール info@720901.com

特に浪速区の不動産ならワンダーランドに!どうぞ!!! 担当:久保田

浪速区で生まれ育って54年!浪速区のことなら!

arrow_upward