10:00 ~ 19:00
日曜・祝日(お電話戴ければいつでもOPEN・お迎えにまいります)
2016年10月01日
ブログ

「ピンチがチャンス」だと思えれますか?どんな時でも!

ITを活用した重要事項説明に係る社会実験

国交省のホームページから(ITを活用した重要事項説明に係る社会実験)

知らないうちに世の中は変わってしまう・・・

 

不動産の仕事をしていると色んな人をみます。
自分の失敗を全て人のせいにしたり周りの環境のせいにしたりと・・・色々です。
そうすることが簡単で、自分の失敗は自分の責任ではないと思いたいのでしょうか?(肯定したがる)

世間でよく「ピンチがチャンス」だと言われていますが、「ピンチをピンチ」にする人も数多くいます。
人間、自分だけが「なぜこうなるの」と思う事も多々あります。過去のことを後悔したり、反省しても意味はありません。過去は変わらないので。
今起きている問題に「なぜ」はいらなくて、その問題を「どうするのか」が大切ではないでしょうか。
人間、長く生きてくと癖のようなものやその人の行動や心の傾向性が出てきます。「我」と言われたするのでしょうか?
その癖を傾向性を出しにくくし、その心に負けないように行動をしていく、その中に今の問題も解決できる要因はあるのではないでしょうか?
ピンチだからこそ「一念岩をも通す」何としてもやり抜かねばならないという事になるのでは?

不動産業界もおちおちしていれば、旅行業界の様に「対面の接客からインターネットでの接客」になってしまします。

メガバンクの新規口座開設するのも銀行には行かずにスマホからとかPCからテレビ電話で新規口座がすぐに開設出来きキャッシュカードが届く世の中になっています。

必ずIT化される不動産業界、不動産業者の人はどう考えてるんでしょうか?(宅建協会の偉いさん、ちゃんと考えてよ)
これを「ピンチをピンチ」で終わらすのか、それとも「ピンチがチャンス」だと果敢に挑戦するのか?
不動産業界もこの数年間が分かれ目になってくると思われます。
地元でお客様に喜んで戴き、オーナー様のお役にたてられるように日々努力を怠らないように精進していかなければなりません。

不動産業者専用の検索システム「レインズ」も動画を入れて物件が見られるようになるまで、そんなに技術・時間はいりません。その動画を今の不動産業者が投稿出来るか?分かる人間がいれば出来る事でしょう!そこからどんどんIT化は進んでいくでしょう。
しかし、業界全体は勉強が嫌いなんでしょうか?一向に勉強をしません。親睦を深めるために、飲み会・ゴルフ・旅行、そんなことばかりしていたら、どんどん不動産業者は衰退していきます。(もうウンザリ)最後には、協会も存続出来なくなってしまうでしょう。

ワンダーランドはどんなことが起ころうとも日々対応出来る不動産業者になっておきたいと願う今日この頃です。

 

なにか不動産でお困りの方は、浪速区敷津西で創業26年!      

浪速区(なんば・大国町)を中心とした720(ナニワ)の不動産情報はワンダーランドにお任せ下さい。

 

 

 

0120-720901(なにわくで1番)携帯からもかけれます。

FAX06-6643-3363 メール info@720901.com

特に浪速区の不動産ならワンダーランドに!どうぞ!!! 担当:久保田

浪速区で生まれ育って54年!浪速区のことなら!

 

#ワンダーランド #ピンチがチャンス #ピンチをピンチ #ITを活用 #社会実験 #駄目になる宅建協会

arrow_upward