10:00 ~ 19:00
日曜・祝日(お電話戴ければいつでもOPEN・お迎えにまいります)
2016年12月17日
ブログ

関西弁の不思議な言葉「知らんけど」

関西弁では知ったようなもの言いをした後に「知らんけど」というしゃべり方をする時があります。どうも、藤定です。

関西に住んでいれば特に気にすることのない日常の会話ですが、ふと考えると、この言い回しはめちゃくちゃですね(笑)

 

使い方としては、例えば道案内をしていたとして、「まっすぐ行って2つめの角をまがればつくでー!知らんけど」と言ったような使い方をします。

最後に知らんけどをつけると、説明はなんだったんだという感じですね。。。

 

この「知らんけど」をつける意味合いは、「間違ってたらごめんやで」とか「間違った時の保険」の為に使っている感じですね。

これで間違っていれば、「知らんけど言うたやん」と言える訳です。

そう考えると中々便利な言葉ですね。

 

ただ、東京の方で使ったら普通に怒られそうですね(笑)知らんけど。

 

創業26年の信頼と実績!大阪市浪速区、西区、中央区の不動産についてのご相談は0120-720901(なにわくで1番)までよろしくお願いします。

ホームページはこちら
家・マンション・土地を売りたい、貸したい、転用したいと、お考えの方はご連絡下さい。ご相談のみや査定など、無料にて承ります。
ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談ください。
賃貸マンションについてのご相談のみでも大歓迎なので、お気軽にどうぞ。

arrow_upward