10:00 ~ 19:00
日曜・祝日(お電話戴ければいつでもOPEN・お迎えにまいります)
2016年10月28日
ブログ

浴室乾燥機の使い分け方

急に寒くなってきたので、鍋でも食べたい気分です、どうも、藤定です。最近は一人でも出来る小さな鍋が売っているのでそれを買おうか悩み中な今日この頃です・・・・

 

新しく建てられたマンションにはほとんど付いている設備で、「浴室乾燥機」があります。

使った事がある人は、何も悩むことはありませんが、初めて使う人にはボタンがいっぱいついていて、いつどれを使うのかいまいち分からないという話を聞きますので、ボタンの使い分け方について見ていきましょう。

 

 

換気

換気をした時に使います。

これは浴室乾燥機の付いていないお風呂でも、ほとんどのお風呂についています。換気をいあたい時に使います。お風呂に入っているときや使い終わった後など、湯気でこもった湿気を取り除きたい時に使います。

似たようなボタンで24時間換気というボタンがありますが、これは換気の弱いバージョンというような考えでいいと思います。微弱に換気し、悪い空気や湿気を防ぎたい時に使います。

 

暖房

浴室を暖めたい時に使います。

冬の寒い時など、入る前にあらかじめ暖めておいたり、入っていて、寒いと感じる時につかうといいでしょう。冷えた身体で急に熱いお風呂に入ると倒れてしまう時がありますので、そのような事故の防止にも繋がります。

 

乾燥

洗濯物を干し、乾燥させる時に使います。

天気が悪い時や、女性の方で外に洗濯物を干したくない人など、非常に役に立つ機能です。排気も同時におこなっていますので、中に熱がこもる心配もありません。

 

涼風

涼しい風を送ります。

夏場等、暑いときにこのボタンで風を送って使用します。冷房と思っている方もいますが、涼しい風がでるくらいなので扇風機のようなものと思うと良いでしょう。

 

それにしても乾燥の機能は本当にいいですね。

 

創業26年の信頼と実績!大阪市浪速区、西区、中央区の不動産についてのご相談は0120-720901(なにわくで1番)までよろしくお願いします。

ホームページはこちら
家・マンション・土地を売りたい、貸したい、転用したいと、お考えの方はご連絡下さい。ご相談のみや査定など、無料にて承ります。
ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談ください。
賃貸マンションについてのご相談のみでも大歓迎なので、お気軽にどうぞ。

arrow_upward