10:00 ~ 19:00
日曜・祝日(お電話戴ければいつでもOPEN・お迎えにまいります)
2016年05月30日
ブログ

生活保護受給者の方がマンションを借りられる時に注意しなければならないこと・・・

 

生活保護が決定されると通知書が送られてきます

保護決定通知書

最近、ワンダーランドが管理しているマンション物件で生活保護受給者の方に、こんな事が起こっています。


 生活保護受給者の方が入居されていて、入居当時は火災保険や賃貸保証会社の保証料を支払って入居されるのですが、1年目の賃貸保証会社の更新料を不払いにされたりとか2年目の火災保険を更新してくれなかったりとするケースがぽつぽつとみられます。
 先日も入居される時は、普通に仕事をされており問題もなく賃料を支払われていましたが、急に病気になられ仕事が出来なくなり、生活保護受給を行政に申し込まれ、受給の方の住宅扶助に当てはまるマンションに引越をすることになりました。しかし、引っ越しをされてからマンションを見てビックリ!ペットを飼われていた為に、凄いことになっていました。リフォームするだけでも百数十万円かかる見積が・・・それを借りていた方に話をし、行政がいくらかでも出してくれるなら良いのですが、一銭も出せないとのこと。入居者も金銭を持たれておらず、家主様が損をせざるを得ない状況になってしまいました。
 この例から考えると、生活保護受給者の方が火災保険の更新を行わずに入居し、火災でもあった場合は、行政は一切お金を出さず、オーナー様の保険が頼みの綱となってしまう事になり、退去清掃代なども先に貰っておかないと後では取りっぱぐれになってしまうと言う事になってしまいます。オーナー様は要注意です。
 受給者の方を取り巻く環境は益々厳しくなってくるかもしれません。

なにか不動産でお困りの方は、浪速区敷津西で創業25年!      

浪速区(なんば・大国町)を中心とした720(ナニワ)の不動産情報はワンダーランドにお任せ下さい。

 

 

 

0120-720901(なにわくで1番)携帯からもかけれます。

FAX06-6643-3363 メール info@720901.com

特に浪速区の不動産ならワンダーランドに!どうぞ!!! 担当:久保田

浪速区で生まれ育って54年!浪速区のことなら!

 
store

会社概要

有限会社ワンダーランド
arrow_upward